しわ治療

広島の美容外科で受けられるしわ治療の種類を紹介しています。料金の相場なども調べているのでぜひチェックを!

しわ治療とは?

加齢とともに、「しわが目立ってきた…」とお悩みの方も多いでしょう。

美容外科で行われるしわ治療には、ボトックスやヒアルロン酸を注入する注射治療、レーザーや高周波による治療、糸によるリフトアップ治療などさまざまな方法があります。

しわの種類や程度によって適した治療も異なるので、事前のカウンセリングでよく相談することが重要です。

広島でおすすめの
美容外科5院を見る

一般的なしわ治療

それでは、一般的なしわ治療のメニューを見てみましょう!

レーザー治療

治療の概要

レーザーを当てることによって肌を活性化させて、ハリをアップさせようという治療です。ひとくちにレーザー治療といっても、用いられるレーザー装置はさまざま。それぞれ特徴も異なるため、自分のしわに適したレーザー治療かどうか、医師とともによく検討しましょう。

一般的な費用

Qスイッチヤグレーザー:40,000円~、Qスイッチルビーレーザー:3,000円~、炭酸ガスレーザー5,000円~

副作用・リスク

人によって、多少の腫れや赤みを伴う場合があるようです。

ボトックス注射

治療の概要

しわの原因となる筋肉をリラックスさせ、しわをできにくくする治療。「ボツリヌス菌」から抽出される成分を肌内部へ注入します。一般的に、眉間をはじめとする「表情じわ」の治療に用いられる方法です。数日後から徐々に効果が現れることが多く、その後1~2 週間ほどかけて安定し、3~4ヶ月ほど持続します。

一般的な費用

1部位3,500円~20,000円

副作用・リスク

薬剤が効き過ぎることで、眉毛の下がりやまぶたの重みが生じることも(半月~1ヶ月程度で和らぐことがほとんど)。また、ごく稀に、筋肉の硬直によるアナフィラキシーショックを起こす場合もあるそうです。

ヒアルロン酸注射

治療の概要

しわの溝にヒアルロン酸を注入することで肌の凹みを補充する治療。半年~1年ほど効果が持続した後、徐々に消えていくことが多いようです。

一般的な費用

1本(1cc)40,000~60,000円

副作用・リスク

注射針が毛細血管に触れることで内出血や腫れが起こることも。また、注入量が多過ぎることで痛みが生じる場合や、均一に注入できなかったために皮膚が凹凸することもあるそうです。

しわの原因

しわやたるみは、真皮層組織の劣化(老化)によって生じます。加齢で真皮層のコラーゲンが減少することで、肌のハリが失われるのです。

また、紫外線によるダメージや肌の乾燥などもしわの原因となるので注意。

そして、ひとくちにしわといっても種類があり、大きく分けると「老化じわ」「表情じわ」に分けられます。老化じわは肌の老化が原因でできたしわ、表情じわは表情筋の動きによって形成されたしわです。