たるみ治療

広島の美容外科で受けられるたるみ治療の種類を紹介しています。料金の相場や、副作用・リスクなども調べているのでぜひご参考に!

たるみ治療とは?

加齢とともに気になってくる顔のたるみ。ほうれい線が気になる…、フェイスラインの崩れが気になる…、という方も多いでしょう。

たるみの治療には、切らずにできる方法から、メスを使った手術まで、さまざま用意されています。

たるみの種類や程度によって適した治療法は変わってくるため、医師とよく相談しましょう。

広島でおすすめの
美容外科5院を見る

一般的なたるみ治療

それでは、たるみ治療の方法を見ていきましょう!

イントラジェン

治療の概要

熱によるコラーゲン収縮とコラーゲン増生により、メスを使うことなくたるみに対応。施術時は若干の熱感を感じますが、冷却しながら行うことで和らげられるようです。全体的な顏のたるみが気になる方、フェイスラインのくずれが気になる方、小顔を目指したい方におすすめです。

一般的な費用

80,000~130,000円前後が目安。

副作用・リスク

照射中の熱感のほか、術後の痛みが生じることも。また、RFの出力加減によっては軽い火傷を負うリスクもあります。さらに、術後に赤みが現れることもあるようです。

ヒアルロン酸注入

治療の概要

ヒアルロン酸を細い注射で注入する方法。もともとヒトの体にある成分のため肌に馴染みやすく、アレルギー反応が起こりにくいそうです。効果の持続期間は半年~1年程度。目の下や頬、首のたるみ適しているよう。

一般的な費用

約100,000円~が目安。

副作用・リスク

内出血や腫れ赤み、硬さなどが出る場合も(通常は1~2週間ほどで落ち着きます)。腫れや赤みが持続する場合はアレルギーや塞栓を起こしている可能性があるため医師の診察を受けましょう。

PRP再生医療

治療の概要

自分の血液から採取されたPRP(血小板)を濃縮させて白血球と合わせ、注入する方法。肌が本来持つ自然治癒力・再生力を引き出すことを目的とします。目の下や頬、首のたるみなどに適した治療です。

一般的な費用

1cc 150,000円(費用例)

副作用・リスク

注入する成長因子の配合比率や量によっては、膨らみ過ぎてしまったり、しこりが残ってしまうこともあるよう。

たるみの原因

たるみの原因はいくつかあり、大きく「体の内側」の原因と「体の外側」の原因に分けられます。とくに内側の原因が大きいといえるでしょう。

内側の原因の主なものは老化。老化が進むことで女性ホルモンが減り、骨が痩せて顔の皮膚が余ることでたるみを引き起こします。また、老化で肌の弾力が失われることも大きな原因に。

一方、外側の原因としては喫煙や紫外線が主なもの。紫外線はコラーゲンとエラスチンを損傷させて水分&弾力を失わせ、喫煙は活性酸素が大量に放出されることで細胞が酸化してたるみを引き起こします。