眼瞼下垂治療

眼瞼下垂の原因

「眼瞼下垂」とは上まぶたが垂れ下がってしまった状態のことで、目をしっかりと開きたくても上まぶたが下がって黒目にかかっているため、見えにくくなってしまいます。

そもそも人の瞼には皮膚の下の眼輪筋、眼窩脂肪に続いて眼瞼挙筋というものがあり、瞼の開閉をおこなうのはこの眼瞼挙筋です。その下、挙筋腱膜という膜を介して眼瞼挙筋と繋がっているのが瞼板で、この2つは連動します。眼瞼挙筋が収縮すると瞼板が持ち上がる、つまり目を開けることができるというわけです。

ところが何らかの理由により瞼板と挙筋腱膜、眼瞼挙筋が連動しなくなると筋肉を動かしているのに瞼が上がらない、目が半開きのような状態になってしまいます。

眼瞼挙筋自体が弱くなってしまったために眼瞼下垂が起こることは稀で、多くの場合挙筋腱膜や瞼板が眼瞼挙筋から剥がれたり穴が開いたりすることが原因となっています。

広島でおすすめの
美容外科5院を見る

眼瞼下垂の種類

眼瞼下垂は大きく以下の3つに分類されます。

先天性眼瞼下垂

その名の通り、生まれつき瞼の筋肉や神経に問題があって起こる眼瞼下垂です。そのほとんどは「単純性眼瞼下垂」と呼ばれるもので、眼瞼挙筋が発達せず代わりに硬くて伸縮性に欠ける繊維組織が混ざってしまうことが原因です。

また、口を動かす神経と眼瞼挙筋とが繋がってしまったために起こる「マーカスガン」と呼ばれる眼瞼下垂もあります。この場合瞼の動きが口の動きと連動してしまいます。多くの場合左右どちらか片側だけに発症し、口を動かしていない間はまぶたが下がっています。

後天性眼瞼下垂

先天性眼瞼下垂に対し、大人になってから発症するのが後天性眼瞼下垂です。元々、眼瞼挙筋と瞼板の接着部分は弱いため、瞼を開閉すればするほど、つまり歳を重ねるごとに少しずつ接着部分が剥がれていきます。

しかし、人によって瞼の構造や目の周辺の筋肉のバランス、目の使い方などが異なるため、年をとっても眼瞼下垂を発症しない人も多くいます。

ではどのような人が年齢と共に眼瞼下垂を発症しやすくなるかと言うと、長年ハードコンタクトレンズを使ってきた人や眼を開ける器機で眼の手術を受けた人など、上下の瞼を大きく引っ張る動作の多い人はそれだけ危険性が高くなると考えられます。

また二重の人に比べて一重や奥二重の人は瞼を開けるのに余分な力が加わることが多いため、比較的眼瞼下垂になりやすいと言われています。

偽眼瞼下垂

瞼の皮のたるみや眉が下がってしまうなどが原因でまぶたが下がって見える状態のことで、眼瞼挙筋や瞼板が原因ではないため偽眼瞼下垂と呼ばれています。瞼を閉じる力が強くなりすぎる眼瞼痙攣や甲状腺眼症、外斜視などが原因となっていることもあります。

眼瞼下垂の症状

軽度の眼瞼下垂から重度の眼瞼下垂まで、それぞれに見られる症状を概観していきましょう。

軽度の眼瞼下垂

元々、二重だった人は目が大きくなったり、一重だった人は二重になったり、また下瞼が膨らんでいわゆる涙袋ができたりと、女性にとってはむしろ嬉しい変化が起こる場合も多いのですが、実はこれらは眼瞼下垂の初期症状。意識していれば黒目は隠れませんが、気を抜くと瞼で黒目の上一部分が遮られるてしまうため、頭上のものに気づかず頭をぶつけたり瞼が重くなって目を開けているのが面倒になったりします。

中度の眼瞼下垂

意識して眼を開けていても黒目の上一部分が隠れるようになり、正面を見ている時でも黒目が上を向いているいわゆる「三白眼」の状態になります。

涙袋ができた人は下瞼が持ち上がるので三白眼にはなりにくいですが、凝視しているように見え目つきが悪い人と思われてしまいます。いつも顔を上げていないと物が見えにくいため、肩こりや頭痛が起こったり、見ることがストレスとなり自律神経のバランスが崩れて不眠症や不安障害になったり、日中の日差しがまぶしく感じるなど自律神経失調症の症状が現れる場合もあります。

重度の眼瞼下垂

三白眼の状態が続いた結果、瞼の皮膚が伸びて目尻の方に垂れていきます。まつ毛が伸びた皮膚に押し下げられて目の中に入るので、目がチクチクと痛むこともあります。

さらに進行するといつも眠そうな目になって、どれだけ頑張って目を開けていても黒目が半分以上隠れている状態となります。精神的な負担も大きく、うつ病やパニック症候群などを併発する人も少なくありません。

眼瞼下垂の治療法

眼瞼下垂は手術によって治療します。

挙筋短縮法

眼瞼挙筋と瞼板が外れてしまっている場合には、縫合することで回復します。これには瞼の皮膚を切っておこなう方法と、瞼を裏返して結膜を切っておこなう方法とがあります。

一般的な費用

片目で300,000~400,000円前後、両目で500,000円前後が目安(※保険適用となる場合も)

副作用・リスク

体全体につながる筋肉「ミュラー筋」を傷付ける可能性があり、高度な技術が必要。また、経皮法(まぶたの皮膚側からアプローチ)の場合はとくにダウンタイムが長く、1~2週間はみた方がよいそう。左右差が出てしまったり、目が閉じられなくなるなどのトラブルも起こり得るようです。

埋没式挙筋短縮法

治療の概要

腱膜性眼瞼下垂症に対して行なわれる、切らない眼瞼下垂治療。加齢などで緩んだ挙筋を糸で結び、まぶたを引き上げます。切らないので傷跡は残らず、腫れや内出血も少ないのがメリット。手術時間は両目で20分程度です。

一般的な費用

片目で200,000円ほどが目安(※保険適用となる場合も)

副作用・リスク

重度の眼瞼下垂には対応できないほか、医師の技術力によって効果や仕上がりに差が出ます。また、埋没の糸が緩むと再発する恐れも。さらに、眼瞼の不整によるオキュラーサーフェス(眼表面)に障害が出るリスクもあるそうです。

眉毛下切除

治療の概要

「眉下切開法」「眉下リフト」「上眼瞼リフト」とも呼ばれる治療。眉下のラインに沿って切開し、まぶたのたるみを取ります。傷跡が目立ちにくく、また自然な目元に仕上がりやすいのもメリット。加齢により二重ラインが狭くなってしまった方にもおすすめの治療法です。

一般的な費用

300,000円前後が目安

副作用・リスク

デメリットは、眉毛のラインが細くなること。また、もともと目と眉毛の距離が近い場合、さらに近くなるので注意が必要です。さらに、鼻根部と目尻のシワが増える可能性もあるそう。