わきが・多汗症

多汗症やわきがの治療を広島の美容外科で考えている人のために、手術の種類やそれぞれの特徴をリサーチしています!

わきがの原因

わきがとは

通常私たちが体温調節のためにかく汗は「エクリン汗腺」から分泌される汗で、その99%は水分でできています。

一方、脇の下や陰部などに集中的に存在する「アポクリン汗腺」と呼ばれる汗腺から分泌される汗にはタンパク質やアンモニア、脂質などの様々な成分が含まれているため、皮膚の常在菌がこれらを分解すると強い刺激臭を発生させます。これが「わきが」。アポクリン汗腺は誰の脇にも存在しますが、この汗腺の量が多い人はわきがになってしまうというわけです。

わきがを発症する原因は?

アポクリン汗腺の量は人によって様々ですから、わきがになるかどうかは生まれ持った体質とも言えます。しかし、子供の頃は気にならなかったのに一定年齢を過ぎてからわきが臭が強くなりだすというケースも少なくありません。

これには幾つかの原因が考えられるのですが、最も大きな要因はホルモンバランスの変化と考えられます。アポクリン汗腺はかつて異性を惹きつけるためのフェロモンを分泌するためにあったとされています。第二次性徴が起こる思春期に入ってから臭いが気になりだしたという人が多いという事実とも合致ししています。

他には、腋毛によって常在菌が繁殖しやすくなること、動物性たんぱく質や脂質など皮脂分泌の増える食事によってニオイ成分が増えてしまうことなども後天的にわきがを発症してしまう原因となっています。

他には、腋毛によって常在菌が繁殖しやすくなること、動物性たんぱく質や脂質など皮脂分泌の増える食事

によってニオイ成分が増えてしまうことなども、後天的にわきがを発症してしまう原因とされています。

わきがの予防・対処法

わきがの予防法は?

わきがを誘発する要因を徹底的に避ければ、多少アポクリン汗腺の量が多くても発症を予防することができるかもしれません。

他には、腋毛によって常在菌が繁殖しやすくなること、動物性たんぱく質や脂質など皮脂分泌の増える食事によってニオイ成分が増えてしまうことなども後天的にわきがを発症してしまう原因となっています。

例えばきちんと脇毛の処理をする栄養バランスの取れた食事をする十分な睡眠などホルモンバランスを整える生活習慣を心がける、といったことが予防策になり得ます。

また一時的な予防策ではありますが、汗の分泌を抑制したり皮膚の常在菌を殺菌したりできる成分が配合されている制汗スプレーやクリームを使用すれば、ある程度臭いを抑えることも可能です。

わきがの対処法は?

残念ながら、重度のわきがの場合セルフケアだけで改善されることはまずほとんどありません。

わきがのせいで日常生活や対人関係に支障を来すと判断されたなら保険適用での治療も可能なので、一度皮膚科に相談してみましょう。適用が認められれば、アポクリン汗腺を切除する外科手術で臭いの元を断つことも可能です。

広島でおすすめの
美容外科5院を見る

わきが治療の種類

以下に、わきが治療の主な種類をまとめてみました。

マイクロシェーバー法

治療の概要

高速で振動する刃を内側に備えた吸引管を挿入し、アポクリン腺を削りながら吸引していく方法。硬いアポクリン腺もしっかり取り除け、効果の持続は永久的といわれています(個人差があります)。施術時間は1時間ほど。4日程度後にドレーン(細い管)を抜き、1週間後に圧迫解除&抜糸を行うのが一般的です。傷跡はほとんど目立ちません。

一般的な費用

300,000~400,000円

副作用・リスク

術後1週間ほどは、肩関節部分をなるべく動かさないように安静にする必要があります。また、ワキの下の皮膚の色素沈着が起こりますが、通常は1年ほどで、長い人では数年で回復します。合併症として出血や血腫、感染、皮膚壊死などが起こる可能性もあるようです。

反転剪除法

治療の概要

ワキの下を数センチほど切開して、目で確認しながらアポクリン腺を取り除いていく方法。臭いの除去効果と確実性の高い施術で、効果の持続は永久的です。施術時間は片ワキ40分ほど。5日間ほどタイオーバーで患部を圧迫し、その後9日間ほどテープ包帯で圧迫を行うのが一般的です。保険適用の対象となるため費用を抑えたい方にもおすすめ(自費の場合もあり)。

一般的な費用

両ワキ40,000円前後が目安(保険適用の場合)。

副作用・リスク

術後1週間ほどは、腕を極力動かさないように過ごす必要があります。また、一過性に引きつれた感じや色素沈着が起こることがありますが、色素沈着は通常2年くらいで治まるよう。傷跡は1年~数年かけて徐々に目立たなくなります(個人差あり)。また、アポクリン腺と一緒に毛根も取れるため、ワキ毛がまばらに。さらに、合併症として出血や血腫、感染、皮膚壊死のリスクもあります。

ミラドライ

治療の概要

最適化されたマイクロ波で汗腺を破壊する方法。わきがの程度が軽症~中等症の場合に適しています。ダウンタイムの少ない施術で、皮膚を切らないため傷跡も残りません。施術時間は1時間半ほど。比較的気軽に受けられる施術ですが、効果の持続時間は長期にわたります。

一般的な費用

両ワキ1回450,000円程度(費用例)

副作用・リスク

色素沈着が起こることがありますが、徐々に落ち着きます。また、稀ではありますが、水疱・発疹や軽度のしびれ感・知覚鈍麻、代償性発汗、感染・化膿、血腫、筋力低下などが起こる可能性もあるようです。

多汗症とは

多汗症の原因

人は体温調節のために暑すぎたり体温が上がりすぎたりすると汗をかくようにできていますが、他の人と比べて異常に汗の量が多かったり汗をかくようなシーンではないのに汗をかいていたりする場合、「多汗症」の可能性があります。

ただの汗かきと決定的に異なるのは、汗によって日常生活に支障をきたすことで、多くの場合手のひらや脇、足の裏など特定の部位に集中的に汗をかく「局所性」であることも特徴です。

多汗症は症状の重さによって3段階に分けられています。局所性多汗症の中でも目立って多い手のひら多汗症を例にとって言えば、

  • 軽度
    手が常に湿っているものの良く見てみないと分からない程度
  • 中度
    目で見てそれとハッキリわかる程度まで汗ばんでいる
  • 重度
    汗が水滴となって手から滴り落ちる
と診断されます。

中度や重度になると書類に触っただけで濡らしてしまう、道具を握ると滑ってしまい仕事ができないなど、日常生活に支障を来してしまいます。

多汗症の原因は?

多汗症には「続発性多汗症」と「原発性多汗症」があります。

「続発性多汗症」の場合は悪性腫瘍や低血糖、感染症など他の何らかの病気が原因となっています。しかし「原発性多汗症」の場合はそれら器質的な問題が見当たりません。つまり原因はハッキリとしていないのですが、恐らく交感神経が過剰に反応しているためではないかと言われています。

自律神経には交感神経と副交感神経系とがあり、不安や緊張によって交感神経が優位に働くと汗腺が活発化し汗をかきます。、原発性多汗症の人は普通ならリラックスし副交感神経が優位になっているような時でさえ何故か交感神経が強く反応しており大量の汗をかく、というわけです。

このような交感神経の過剰反応の原因としては、ホルモンバランスの乱れや精神的なストレスなどが挙げられています。

多汗症の対処法

多汗症対策の基本は、交感神経ではなく副交感神経の働きが活発になるような環境を作ることです。

自律神経そのものをコントロールすることはできません。しかし、お風呂タイムやアロマなどを利用してリラックスする時間をとったり喫煙や刺激物など交感神経を刺激する嗜好品を避け、副交感神経を刺激してくれる大豆イソフラボンを積極的に摂るなどの工夫で副交感神経を優位にしてあげることが可能です。

また多汗症により日常生活に支障を来すようであれば、皮膚科での治療もおすすめです。皮膚科では薬や漢方、ボツリヌス注射や外科手術などの治療法を受けられます。

多汗症治療の種類

以下に、多汗症の一般的な治療を挙げました。

ボトックス注射

治療の概要

ボツリヌストキシンの注射により神経伝達をブロックして、汗腺の活動を抑制。永久的な効果は望めませんが、10分程度の施術で4~6ヶ月ほど汗の量を抑えられます。

一般的な費用

両ワキ30,000〜70,000円程度が目安(アラガン社のボトックス使用の場合)。

副作用・リスク

大きな副作用は稀ですが、以下の症状が起こる可能性もあるようです。

  • 代償性発汗…他の部位からの発汗が増える症状。
  • アレルギー…ボトックスに対するアレルギーが起こる可能性もゼロではないよう。
  • 耐性…繰り返し注射することで、耐性が生じて効きが悪くなる可能性も。

ミラドライ

治療の概要

電子レンジなどに利用されているマイクロ波を使って汗腺を破壊。ダウンタイムが少なく、切開を伴わないため傷跡も残りません。施術時間は1時間半ほど。効果の持続時間は長期にわたります。

一般的な費用

両ワキ1回450,000円(費用例)

副作用・リスク

色素沈着が起こり得ますが、徐々に治まります。また、稀に、発疹・水疱や軽度のしびれ感・知覚鈍麻、代償性発汗、化膿・感染、血腫、筋力低下などが生じることあるよう。