シミ・そばかす治療

シミ・そばかす治療の種類や特徴、費用相場などを紹介しています。広島でシミやそばかす治療を考えている方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

シミ・そばかす治療とは?

シミや・そばかすには、その原因や症状によってさまざまな種類があるため、対応する治療もさまざまです。

最も一般的なのはレーザーやフォト治療、レーザートーニング(肝斑専用)などですが、その他にも、イオン導入や超音波導入、トリートメントパック、ケミカルピーリング、また内服薬・外用薬などもシミ治療の選択肢として挙がってきます。

まずは美容外科へ相談に行き、しっかりと診断してもらうことが大切です。自分の症状に最適な治療を選択しましょう。

広島でおすすめの
美容外科5院を見る

一般的なシミ・そばかす治療

それでは、最も一般的なシミ・そばかす治療をいくつかピックアップしてみたので見ていきましょう。

レーザー治療

治療の概要

医療用レーザーが表皮上層のメラニンに反応してシミやそばかす、くすみを改善。また、コラーゲンやエラスチンの形成を促すため、乾燥小じわの改善やハリアップにも働きかけます。

一般的な費用

1回数千円~20,000円程度
※効果が出るまでに数回かかる場合もあり

副作用・リスク

照射箇所はしばらくかさぶたになるため、絆創膏やテープで覆う必要があります。7~10日程度のダウンタイムを考慮しましょう。また、照射箇所は軽いやけどのような状態になっているため、強くこすったり紫外線に当てたりしないよう注意が必要。さらに、PIH(炎症後色素沈着)という別の色素沈着の原因ともなり得ます。

レーザートーニング

治療の概要

レーザーの中でも、肝斑の治療のために開発された治療法。レーザーの出力を抑え、数百~数千発の照射を行います。肌に炎症を与えることなく色素だけを破壊する、という高度な差し加減が要求されるそう。

一般的な費用

1回20,000~30,000円程度。
※一般的に、2~3週間に1度、計5~12回ほどの施術が推奨されるよう。

副作用・リスク

施術直後に赤みが出ますが、すぐおさまります。ただ、施術後は肌がデリケートな状態になっているため、こすらないよう注意が必要。日焼けにも注意!優しく保湿し、日焼け止めクリームを塗りましょう。このケアは1週間~1ヶ月ほど続けるのが理想です。また、照射が強すぎると、肝斑の症状を悪化させる可能性があるため注意が必要です。

フォトフェイシャル

治療の概要

通常のレーザーと異なる「IPL」という特殊な光を照射。IPLにはさまざまな種類の機器があり、その1つフォトフェイシャルになります。目的に合わせた波長域の光を出すことができ、この光がメラニンに反応して破壊することでシミやそばかすを薄くしてくれます。レーザーよりもマイルドな効果ですが、大部分のシミに対応できるのがポイントです。

一般的な費用

1回40,000~60,000円程度
※効果が出るまでに数回かかる場合もあり

副作用・リスク

照射時にピリッとした痛みがあります。また、人によっては照射後に赤みが残ることもあるようですが、翌日には落ち着いていることがほとんどのよう。シミの部分がうっすらカサブタになることもありますが、こすらないよう注意が必要です。

シミ・そばかすの原因

シミの原因はその種類によってさまざまですが、約8割は紫外線によるものといわれています。その他、ホルモンバランスの乱れや睡眠不足、カミソリ負けなど皮膚への刺激、加齢による代謝力の低下、ニキビ跡などが原因になってシミが現れます。

そばかすもシミの種類の1つで、遺伝的に発生することが多いよう。ホルモンの乱れや紫外線によるダメージ、間違ったスキンケアなどが原因で増えてしまうこともあるので注意!