あご整形

こちらのページでは、あご整形について紹介。広島の美容外科で受けられるあご整形の主な種類を挙げ、それぞれについて詳しく解説を行っています。広島であご整形を考えている方はぜひチェックしてみてくださいね!

あご整形とは

あご整形は、「フェイスラインをもっとシャープにしたい」「きれいなあごの形に整えたい」といった方が受けるもの。

日本人は西洋人に比べるとあごが小さめな方も多く、「メリハリのあるきれいなフェイスラインに憧れる…」という方も多いようです。

あごの形や高さを調整することで、正面・横顔等どの角度から見られても自信が持てるようになっちゃうかも♪

広島でおすすめの
美容外科5院を見る

あご整形の種類

それでは、あご整形の主な施術を見ていきましょう。治療概要にくわえ、費用の相場や副作用・リスクもまとめています。

レディエッセ注入

治療の概要

あごの整形に最も一般的な注入物で、注射をすることによってあごの形を整えます。歯や骨を形成するカルシウムハイドロキシアパタイト(カルシウムとリンの分子)とジェルからできており、体内で異物反応を起こすことがほぼありません。通常のヒアルロン酸より組織を持ち上げるパワーが大きいのも特徴です。施術時間は5~10分程度。

一般的な費用

1部位40,000~50,000円程度が目安。

副作用・リスク

数日間、赤みと軽い痛みがあります。また、腫れや内出血が現れることも。腫れは数日間で、内出血は1~2日間で治まるのが通常です。

シリコン挿入

治療の概要

あごが足りないケースでは、あご用のプロテーゼを使用した整形がおすすめ。少しだけ高さを出すことで、スッキリとした横顔やメリハリのあるフェイスラインを目指せます。施術時間は20分程度。抜糸や術後の通院は通常必要ありません

一般的な費用

155,000円程度(※費用例)

副作用・リスク

腫れや痛み、内出血の可能性がありますが、腫れは5日~1週間程度(より自然になるまでには2~3週間)、痛みは1週間程度、内出血は2週間程度で落ち着いてくるでしょう。